バーの歴史記事一覧

日本初のバーのオープンは1860年(万延元年)、横浜市中区山下町に建設された木造2階建の「ヨコハマ・ホテル」というこれも日本初の洋式ホテルのなかに「プールバー」として誕生しました。このホテルにしてもバーにしても、当時貿易の中心地であった横浜を訪れる西欧諸国の新鮮で進んだ文化を運んでくれる役人やビジネスマン、技術者などを対象にした店として誕生したのです。1860年以降、1911年に日本人を対象にした...
バーは元々アメリカにおけるバーの歴史に結びついたものです。そして日本でもバーは酒場の代名詞となって、現在に至ります。今でも日本ではバーテンダーの方一人で切り盛りしているバーが多く、これがバーの基本だと言えます。今に至るまでに様々なバーが誕生しました。グラス1杯ずつ提供するタイプのバーをショットバーの中にも、メイドバーやガールズバーも含まれ、近年生まれたものです。また、カクテルを提供するのが基本とな...
バーの種類を「営業形態」からではなく「利用目的や用途」の面からみると、初めて耳にするようなバーがあることが分かります。音楽を楽しむレゲエバー・ソウルバー、競技を楽しむスポーツバー・ゴルフバー・ダーツバー、エンタテイメントを楽しむフレアバー・マジックバー、趣味を楽しむ鉄道バー・ラジコンバー、出会いを楽しむ婚活バー・ガールズバー・シングルバー・ビアンバー、酒提供を目的にしない酸素バー・貸切りバーなどが...
バーというと異国情緒があり、近代的なイメージを持つかもしれません。そのため日本のバーの歴史は、まだ浅いだろうと思っている人が多いでしょう。しかし日本のバーの歴史も、実は長く国内最初のバーは1860年に横浜で開業されたと言われています。開業場所が横浜で、外国人居留置だったという事を考えると納得ですよね。バーは横浜ホテルの中にあり、ホテルにはレストランや理容室、ビリヤードも設置されました。そして客層は...

このページの先頭へ戻る