バーの歴史と移り変わり

バーは元々アメリカにおけるバーの歴史に結びついたものです。
そして日本でもバーは酒場の代名詞となって、現在に至ります。
今でも日本ではバーテンダーの方一人で切り盛りしているバーが多く、これがバーの基本だと言えます。
今に至るまでに様々なバーが誕生しました。
グラス1杯ずつ提供するタイプのバーをショットバーの中にも、
メイドバーやガールズバーも含まれ、近年生まれたものです。
また、カクテルを提供するのが基本となるバーとは異なり、
焼酎を提供する焼酎バーやビールを提供するビアバーなどの種類もあります。
これらのバーは完全特化型のお店であり、
その種類のお酒が好きな方に適していると言えます。

 

そのほかにもスポーツ観戦が楽しめるスポーツバーやダーツを楽しめるダーツバーなどの種類もあります。
中には、飲食物を提供しない酸素バーというバーもあります。
このように、様々なバーの種類があるからこそ、
ご自身にマッチしていると思えるバーを選択することが重要になってきます。
それぞれのバーにはお酒の種類やフードメニューの特徴があります。
その特徴をしっかり理解したバーの選択をするのが望ましいと言えます。
インターネットを活用して検索をすれば、
すぐにお酒の種類やフードメニューを知ることできます。
その情報を考慮した上で選択をするのが望ましいと言えます。
バーはどれも同じものと思っている方も多いもの、その考えは間違っています。
それぞのバーにはしっかり特徴があり、
どういった用途に適しているかも異なる為、考慮した方が良いでしょう。

 

 

関連ページ

日本のバーの歴史
日本のバーの歴史
近年注目されているバー
近年注目されているバー
日本のバーの歴史
日本のバーの歴史

このページの先頭へ戻る