バーテンダーに向いている人とは

将来の夢としてバーテンダーを志している人の中には、自分がバーテンダーに向いているのかわからなくて不安という方もいることでしょう。
今回は、バーテンダーの業務やバーテンダーに向いている人の特徴についてご紹介します。

 

バーテンダーといえば、シェーカーをかっこよく振ってカクテルを作っているイメージをお持ちの方が多いと思います。
確かにそれも仕事の一部ですが、それ以前にお客をもてなす準備から仕事は始まっているのです。

 

お酒の発注やおつまみの仕込みはもちろんのこと、店内の清掃も大切な仕事といえます。
バーは雰囲気が第一のお店ですから、テーブルのちょっとした汚れも見逃せません。

 

自分が理想とするお店にするにはどうすれば良いかとことんこだわることが重要なのです。
バーテンダーは接客業務の中でもお客と個人的に会話をする機会が多い職種といえます。

 

お客を不快にさせることなく会話を楽しんでもらうためのテクニックを身に着けておいた方が、仕事上役立つことでしょう。
お店を閉めたら、帳簿付けや売り上げの計算など、自営業をしているうえで欠かせない会計業務が待っています。

 

その後後片付けをしてようやく仕事が終了です。
自分で店を持つ場合には、以上の業務を毎日のように行わなくてはいけないことを留意しておきましょう。
バーテンダーという職業はお酒を扱うため、お酒好きの人の方が仕事をしやすいのは間違いありません。

 

自分で作ったオリジナルカクテルや取り寄せたお酒の試飲など、バーテンダーの味覚がお店の質を決めるからです。
初めて会ったお客とも物おじせずに話せる度胸も、バーテンダーをしていくうえで役に立つ素養といえます。
ただし、適性はあくまでも目安ですから、バーテンダーになりたいという人は夢を諦めずに努力を続けましょう。

 

バーの前座に行く居酒屋ならこちらがおすすめです。


このページの先頭へ戻る