スナックとバーの違い

お酒を扱う飲食店には、似たような種類のお店がいくつかあります。
難波にあるリーズナブルな個室居酒屋もだいたいはチェーン店です。

 

お酒は舌を滑らかにしてくれますから、接待や誰かと仲良くなりたいときなどに利用する人も多いことでしょう。

 

そんなとき、お酒を扱う飲食店について区別出来ていれば、より効果的にお酒による友好関係の成立を促すことが可能なのです。
今回は、お酒を扱う飲食店の中でも特に区別がつきにくいバーとスナックの違いについて見ていきましょう。

 

スナックとバーの最も大きな違いは、テーブルの置き方です。
スナックは基本的に、団体のお客が何組か入ることが出来るような造りになっています。

 

なぜこのような作りになっているかというと、スナックはお酒だけではなく軽食も提供するお店だからです。
カウンターだけのバーに比べると、比較的軽食が充実しており、そこでお客が大皿の料理などを分け合うことが出来るように、いくつかテーブルが並べられています。
カラオケバーと看板に書いてあるお店では、カラオケの機械を使って歌を楽しむことが出来るのです。

 

一方バーという形式の飲食店は、カウンターに座ってバーテンダーがお客をもてなすという方式が一般的です。
カウンターの後ろにずらりと並べてあるお酒の瓶を見てもわかるように、美味しいお酒の提供が主な目的となっています。

 

こうした両者の違いを比べてみると、スナックは団体で訪れてお酒と一緒に軽食をつまみながら楽しむ場所であり、バーはまったりとお酒を飲みながら歓談するのに適したお店であるといえます。
ただし、バーの中でもスポーツバーやダイニングバーといったお店では、お酒だけでなく料理にも力を入れている点にご注意ください。
バーとスナックの違いを理解したうえで、自分に必要なお店を利用しましょう。


このページの先頭へ戻る