バーテンダーになりたい

バーでお酒を飲んでいるとき、シェーカーを美しくさばきながらカクテルを作るバーテンダーに憧れを抱いたことはありませんか?
映画や小説などで見かけるバーテンダーの様子は、洗練された大人のみが醸し出すスタイリッシュな雰囲気そのものです。

 

そんなバーテンダーを将来の夢に掲げている人のために、今回は、バーテンダーになるにはどのような方法があるのか詳しく見ていきましょう。
もともとバーテンダーは、お寿司屋さんやレストランのようにお店に従事する人が技術を伝承する職業でした。

 

現在でも名残から、高校を卒業した後アルバイトとしてバーで働き、店長からバーテンダーとしての心構えや技術を習ってから自分の店を持つ人が少なくありません。
端的にいうと、バーテンダーという職業そのものには資格が無いため、深夜以降にお酒を提供する営業許可証さえ取得すれば、バーを開業してバーテンダーになること自体は難しくないのです。

 

しかし、バーテンダーは何よりも個人の技術が物をいう職業です。
接客からお酒の扱いに関して、短い期間で人前に出しても恥ずかしくないようなものにするのは困難といえます。
それでもいち早くバーテンダーになりたいという人は、バーテンダーを育成している専門学校に入学しましょう。

 

バーテンダーに必要な技術だけでなく、お店を開くうえで必要な知識や経営の理念などを講習や実技といった形で学ぶことが出来るのです。
また、日本バーテンダー協会では2013年よりバーテンダーの認定試験を行っています。

 

バーテンダーとしての知識や技能が身に着いているかを確認するという意味でも、バーテンダーになりたい方が受講しておいてそんなありません。
何よりも大切なのは、直接お客と触れ合ってバーテンダーとしての経験を積むことです。
道のりは様々ですが、バーテンダーを目指している方は夢を諦めずに突き進んでください。

 

バー感覚で利用できるカウンター付きの居酒屋がこちらの桜木町 居酒屋

関連ページ

上手にバーを利用しよう
上手にバーを利用しよう
バーマナー、ショートカクテルとロングカクテル
バーマナー、ショートカクテルとロングカクテル
バーのおつまみについて知ろう
バーのおつまみについて知ろう
バーテンダーに向いている人とは
バーテンダーに向いている人とは

このページの先頭へ戻る