バーとパブの違い

日本には様々な種類の飲食店が存在します。
レストランや居酒屋、ファーストフード店など、お店の特徴ごとに使い分けているという人も多いことでしょう。
そんな中でも、違いが見分けにくいのがバーやパブといったお酒を主に扱う飲食店です。

 

今回は、バーパブと違いやお店の特徴とそれにあった利用方法について見ていきましょう。
パブとはそもそも、イギリス発祥の酒場のことです。

 

酒場というとお酒を飲むことばかりに目が行きがちですが、パブはもともとダンスや飲食を通じて親交を深める社交の場として広まりました。
そこへイギリスの名物であるビールが導入され、現在ではお酒を飲みながら気軽に過ごせる場所として定着したのです。
バーとの違いを考えてみると、パブはバーよりも気軽に過ごせる雰囲気のお店が多くなっています。

 

大人数でワイワイ騒ぎながらお酒を飲む場所として最適なのです。
取り扱っているお酒に関しても、ビールをはじめとした手軽に飲むことが出来るものが多いため、こういった雰囲気やお酒を求めているときに利用すると良いでしょう。
一方バーは、パブよりも大人の雰囲気を醸し出しているお店といえます。

 

ドリンクに関しても、カクテルを筆頭にじっくりと味わうお酒がたくさん用意されています。
ワイワイ騒ぐというよりも、静かにお酒を飲みながらまったりとした時間を過ごすのに向いているのです。

 

恋人とのデートの締めくくりには、ロマンチックで大人の雰囲気を感じられるバーがおすすめです。
バーとパブの違いをしっかり念頭に置きながら、シチュエーションに応じて使い分けていきましょう。

 

 

関連ページ

バーの種類
バーの種類
バーの種類は多岐に渡る
バーの種類は多岐に渡る
バーの種類によっての楽しみ方
バーの種類によっての楽しみ方
スナックとバーの違い
スナックとバーの違い
ダーツバーの魅力
ダーツバーの魅力
焼酎バーとは
焼酎バーとは

このページの先頭へ戻る