焼酎バーで美味しく焼酎を飲む

皆さんは、本格焼酎をどのようにして飲むのがお好みでしょうか?
お家や一般的な居酒屋で飲むときは、ストレートやロック、水やお湯割りという飲み方をすることが多いと思います。

 

確かにそれでも美味しいのですが、焼酎バーではそうした飲み方をさらに細かく分類し、
お客が少しでも焼酎の魅力を堪能出来るように工夫しているのです。

 

焼酎バーで美味しく焼酎を飲むポイントを見ていきましょう。
案外知られていない本格焼酎の飲み方が、ソーダ割です。

 

乾杯といえばビールというほど日本人にビールが好まれている理由には、喉越しの良さが挙げられます。
一口飲んだときグイグイ喉の奥まで押し上げられる感覚は、ビールに含まれる炭酸による効能が大きく作用しているのです。

 

本格焼酎についても、ソーダ水で割ると焼酎全体が引き締り程よい喉越しが付加されます。
乾杯の際の1杯としてビールの代わりに飲むのも良いですし、
揚げ物などを食べてお口の中が脂っぽくなったときの口直しとしても最適なのです。

 

通な飲み方としてお試しいただきたいのが、燗ロックです。
ストレートの焼酎を40度くらいまで温め、氷を入れたグラスに注ぎます。

 

焼酎は温めることで香りが広がり、冷やすことで味にキレが生まれます。
燗ロックはその両方を同時に楽しめるため、お気に入りの銘柄をもっと深く味わいたいという人は燗ロックで飲んでみてください。

 

焼酎バーでボトルキープをしているという人は、前割りをしてもらうと良いでしょう。
前割りとは、軟水やミネラルウォーターを焼酎の半分ほど注ぎ、一週間なじませるという飲み方です。

 

焼酎バーで様々な飲み方に挑戦して、焼酎を楽しみましょう。
焼酎が美味しい川崎の居酒屋はこちらhttp://kawasaki-zin.com/


このページの先頭へ戻る