焼酎バーへ行く前に知っておきたい焼酎のこと

焼酎バーは、気軽に焼酎を楽しめる場所として老若男女問わず人気を集めています。
初めて焼酎バーを訪れる人は、どんな焼酎を飲んでよいかわからないこともあるでしょう。

 

今回は、そんな皆さんのために原料ごとの焼酎の味わいについてご紹介します。
ライトな香りと飲みやすさを売りにしているのが麦焼酎です。

 

麦はビールやウィスキーの原料としても使われていますから、
お酒にしたときの香りが比較的慣れやすい傾向にあるのです。

 

長崎県の壱岐では、独自の製法によって作られた麦焼酎が昔から飲み継がれており、現代でも根強い人気を誇っています。
最近では大分県産の麦焼酎にも注目が集まっており、こうした地域の麦焼酎を飲み比べてみるのも良いでしょう。

 

サツマイモを原料にした芋焼酎は、水やお湯で割っても風味が崩れない点が特徴です。
芋の香りがしっかり残っているので、味の濃い料理と合わせるとより美味しくいただけることでしょう。
使われている麹によって味わいが全く変わってくるので、色々試してみることをおすすめします。

 

お米作りが盛んな日本では、米焼酎も美味しい銘柄がたくさん存在します。
米焼酎は日本酒に比べて雑味が少なく、お米の甘みよりも香りが引き立っているのが特徴です。

 

沖縄のお酒として有名な泡盛は、日本米ではなくタイ米を原料にした焼酎です。
麦や芋、米といった一般的な原料以外にも、黒糖やソバといったでんぷん質を含んだものであれば何でも焼酎になります。

 

焼酎バーを訪れた際には、変わり種から定番まで様々な焼酎をお試しいただくと良いでしょう。
最近、焼酎の人気が高いですね。浜松にある美味しいお酒が飲める居酒屋。個室で周りを気にせず楽しい時間を


このページの先頭へ戻る