バーマナー、ショートカクテルとロングカクテル

バーで飲んだ経験がないと、知らない事というのは色々あるものです。

 

最初は知らずにマナー違反に相当する行為をしてしまったも、
バーに通ううちに徐々にマナーが身につく。
そんなマナーの身に着け方でも、1人でバーに行くのであれば構いません。

 

しかし誰かと一緒にバーへ行くのであれば、
自分のマナー違反が一緒にいった相手にまで恥をかかせてしまう。
そんな事になったら大変ですよね。

 

一緒にいった相手が、
友達であればマナー違反を注意してもらえるかもしれません。

 

ですが、恋人だったり、会社の取引先の相手であれば、
マナー違反を注意しずらい状況もあります。

 

そのため、誰かと一緒にバーへ行く時には、
事前にある程度バーに関する知識を勉強してから行くようにしましょう。

 

例えばバーによっては、カクテルのメニューに
ショートカクテルとロングカクテルが、分かれて書かれている場合があります。
このショートとロングの違いについて、知っていますか?

 

ショートカクテルは、グラスが小さくて、
ロングカクテルはグラスが大きいと思っているかもしれません。
ですが、実際にこれらの違いは、カクテルを飲む時間を表しています。

 

ショートカクテルは、短い時間で飲み終わるもの、
ロングカクテルは時間をかけて飲み終わるものだと定義しているのです。

 

自分の好きなペースで飲みたい、そう思う人もいるかもしれませんが、
カクテルは一番美味しい状態で飲んだ方がいいですよね。

 

それにショートカクテルは、3〜4口で飲み終わるように
小さいグラスを使用しているのはそのためです。
コチラでも美味しいカクテルが飲めますよ。


このページの先頭へ戻る