日本のバーの歴史

バーというと異国情緒があり、近代的なイメージを持つかもしれません。
そのため日本のバーの歴史は、まだ浅いだろうと思っている人が多いでしょう。

 

しかし日本のバーの歴史も、
実は長く国内最初のバーは1860年に横浜で開業されたと言われています。

 

開業場所が横浜で、外国人居留置だったという事を考えると納得ですよね。
バーは横浜ホテルの中にあり、
ホテルにはレストランや理容室、ビリヤードも設置されました。

 

そして客層は、日本人ではなく、
船舶で港に立ち寄った外国人がお酒を楽しむ場所とされていました。

 

では日本人を対象としたバーが開業したのかいつ頃なのか?というと、
明治になってからです。

 

明治43年に東京で、
カフェプランタンという名前のバーが開業されたのが最初だと言われています。
その後東京でバーが流行り、たくさんのバーが開業される事になります。

 

ですが1923年に関東大震災で、東京のバーは震災を影響を受けてしまいました。
その結果、東京で職を失ったバーテンダーが、
関西など他の地で移った結果、バーが全国的に広がったという訳です。

 

ただし、その後日本は第二次世界大戦に参加し、
バーも次々と閉店を余儀なくされました。

 

再びバーが開業されるようになったのは、戦後1949年になってからです。
1949年とは、全国で酒類販売が自由化され、
全国でバーがたくさん開業された年でもあるため、バーの元年と呼ばれています。

 

日本バーの歴史は、そのまま日本の近代社会の歴史でもあると言えるでしょう。
現代は、バーも色んなスタイルのバーが出現し、
お酒を楽しむ場所として人気を集めています。
 


このページの先頭へ戻る